clear

- ENTRY -

鳥取砂丘&出雲大社 夜行バスでどうでしょう!!

« 夏の大坂ぶらり旅 | メイン | ☆なんでもランキング☆ »

お久しぶりの登場です!!RYOMAです☆

 

  画像 2415.jpg今年の夏は猛暑に見まわれ暑かったですね・・・。

皆さんは夏バテなどはいかがでしたか?僕もだいぶへばっていましたw。

 

今年僕は友達と友達の実家である鳥取に行くことにしました。

予定内容は以下の通りとなっております。

夜21:05分 新宿発→米子5:30着→友達の実家→滞在→

9:30出雲大社に向け出発→11:30出雲大社到着→

13:30大山・植田正治写真美術館に向け出発→15:30分到着→

16:45分鳥取砂丘に向け出発→6:15分鳥取砂丘到着→鳥取駅周辺で晩ご飯→

翌朝9:45チェックアウト→11:30~15:30大山方面カフェ:ALOE&みるくの里へ到着→

16:30安来方面に到着→17:30皆生温泉に到着→19:00BARドドドでお食事→20:10発夜行バス

見る限り、半端ないタイムスケジュールの中の旅行、限られた時間の中で自分たちは最大限に

鳥取を満喫しました。ホント楽しかったです。

下に写真アップしたので、見てください。

 

画像 2320.jpg

画像 2017.jpg

↑出雲大社に行く途中に、ひまわり畑一度でイイから行ってみたいなって話していると、

突如、一面がひまわり畑が眼下に見えてあぁーっとみんな車の中で大はしゃぎw。

元気に咲いているひまわりのパワーに僕らも頑張らなきゃと思いました。

画像 2020.jpg

↑渋滞しながら、とうとうつきました、夏休みともあって、混んでました。

 参道前で一枚。本殿は現在改修工事中で楽殿と仮殿のみ行くことが可能です。

本殿にいけなくても、日本一の大綱は見ることができるのでご心配なく☆

画像 2065.jpg

↑出雲と言えば、出雲そば!!大社前には何軒もおそば屋さんが軒を連ねていました。

 本殿の写真は、是非一度足を踏み入れて見てみて下さい、あえて写真はアップしませんでした。

そば美味しかったです。

 

そのあとは近道をして山の中を疾走して、島根から再び鳥取へ、

 

画像 2386.jpg     画像 2538.jpg ↑途中とても雰囲気のあるバス停があって、思わず、中に入ってみたくなり一枚☆

 

画像 2084.jpg

 

↑そして、かなえから行きたかった。植田正治写真美術館に!!突如として、現れる現代建築!!

そのスケールの凄さ、存在感にビックリしました。

 

↑写真もさることながら、建物と自然との調和や景観がなんとも洒落乙な感じです。

撮影は作品以外なら、撮影可能なので、みんな思い思いに写真とっていました。

 

 美術館を満喫した後はメインの鳥取砂丘に向けて出発!!

さすが、地元人!!砂丘は夕陽が落ちるくらいに見に行くと、幻想的だと教えてくれたので、

日没に間にあうように向かいました。

 

画像 2128.jpg↑初めての砂丘!!ホントあたり一面は砂の大地と言った感じでした。

「馬の背」と言われる砂の丘から見下ろす日本海と眼下に広がる砂浜、

馬の背から真下の砂浜までの距離は落差50メートル、その砂がほぼ

砂が直角にならんとばかりに、体積した砂の様は圧感の一言です。

高所恐怖症の方は厳しいかも・・・。

 

画像 2146.jpg

↑わかりますか!?ホント目の前の真下は50メートルしたが海岸なんです!!!

不思議な感じになりますよ☆

 

そして、鳥取駅周辺にて、今宵の宴が始まりました。

友達の家族の方とお食事はとても楽しかったです。

みんないい人達でした。

 

次の日は、大山(だいせん)と言われる、富士山と同じ成層火山の一つ、

大山周辺はリゾート地や乗馬場やカフェ、牧場といった様々なアクティビティーが楽しめる

ところです。

 

大山にはみるくの里とゆう牧場があり、牛が放牧されています。

ソフトクリームは大人気みたいであまりに並んでいたので、買うのを諦め、

芝生に寝っ転がっていました。

続いては、大山の山麓は滾々と湧きいづる泉がいくつもあり、

その中でも一際、綺麗さが際立つ、「本宮の泉」に行って参りました。

真夏の照りつける太陽からは想像もできないくらい、

水の温度は冷たく、10秒も足を浸けていられないくらいです。

水は透明度が高く、まるまる太ったニジマスが泳いでいたりと、

水がと空気が本当に美味しかったです。

 

画像 2579.jpg ↑真夏の炎天下の中、修行に励んでいます。頑張れ龍馬!!!

そして、大山の有名なカフェ「ALOE Cafe」建物のおしゃれな作りと、

お食事の美味しさ、本当にイイところでした。

次もまた行きたいと思わせてくれるそんな場所でした。

 

画像 2195_1.jpg

       ↑タイトル「石の上にも三年」石の上でも修行します。 

 

↓そんなアホな事ばかりして、牧場についた時にはヘロヘロになってしまい・・・。

 

画像 2618.jpgそして、車は米子少し越えて。皆生海岸に到着。

 

画像 2274.jpg↑残り少ないお盆休みを目一杯遊ぶ子供たちの姿は、少し、夏の終わりを感じさせてくれる、

哀愁がありました。

そこで、SunSet眺め、

バスの時間まで、近くのおしゃれなBAR&DINING その名も「ド・ド・ド」

もともと、地元の銀行だったところを改装して作られた建物は、

三階建ての広い店内は絵や家具やデザイン性に富んだ雰囲気で、

VIPルームは金庫の中らしいです。

 

画像 2312.jpgとにかく不思議なおしゃれな空間となっているので、

内装を見ているだけでも面白かったです。

そうやって、あっという間に時間は過ぎ、ココでTIMEUP!!

タクシーに飛びり、新宿行きのバスに乗り込んで、

少しお酒が回っていましたけどw。

鳥取には1泊2日の限られた時間の中で精一杯鳥取を満喫できたと思います。

まだまだ、新しい発見がアリそうな鳥取!!もし、皆さんの中で、鳥取の面白い所や、

是非一度、行ってみて欲しい所などありましたら、是非教えていただきたいと思います。

では、今回はこの辺で☆↓ ↓ ↓

 

 

                ↓   ↓  ↓

 

 

画像 2152.jpg 

BLOG&Photo RYOMA 

 

 

 

clear

clear

clear

pagebody_bottom

Copyright (C) 2008- hair Bulb c.s.r All Rights Reserved.